• 鉄線
  • スプレー

ハクビシン駆除

スプレー

家の中にハクビシンが進入してきたと言うことになかなか気がつくことがありませんが、毎日生活をしている中でちょっとした変化を感じることがあります。
それは天井裏で何か音がするということです。この他には家の中が以前よりくさくなったり、ダニやノミの量が増えたるということに気がつくことがあります。
このような場合にはハクビシンが家の中にいる可能性があります。
ハクビシン駆除を行っているところにまずは調査を行ってもらうようにします。

◇依頼をするときは
ハクビシン駆除を依頼するときには、まず電話で今どのような状況になっているのかということを報告します。
その上で実際に現場を見てもらって、これからの対策方法を考えていくのです。ハクビシン駆除を行っているところを選ぶときには、実績のある信頼できるところを選ぶようにします。
また作業を行った後には、しっかりと保証があるところを選ぶと言うことも大切です。
ハクビシンが再び家の中に進入してくるかわからないからです。
ハクビシン駆除を行っているところは全国あるので、住んでいる近くにもあります。

◇重要
天井裏で物音がした場合、さまざまな原因が考えられます。可能性としては、やはりハクビシンやネズミ、イタチ、アライグマの存在が高く考えられるでしょう。
害獣をその場で駆除しても再発をしてしまうこともあります。
業者に依頼することにより再発の確率は素人が駆除するよりもはるかに軽減されることでしょう。業者によっては、数年間の再発保障も行っております。
日本全国で被害例が多きハクビシンやイタチですが、関東ではハクビシン被害のほうが多いと言われており、駆除依頼は年々増えております。

ハクビシンは害獣です

鉄線

ハクビシンは日本に広く生息するジャコウネコ科の動物です。一見可愛らしい小動物ですが、家に侵入すると多大な被害を出す害獣です。
安易に考えずに早急な害獣駆除が望まれます。多くは家の断熱材を好み、棲家とします。糞尿を同じ場所へする習性があるので壁や屋根が腐り、臭いで気が付く場合があります。
運動能力が非常に高く、電線等の綱渡りも得意なので建物の様々な場所から侵入する可能性があります。
生ゴミ等の餌を求めて住宅街へ出没し、被害が増加しています。

◇害獣は不衛生
ハクビシンに限らず害獣が住宅の中で徘徊するのは大変不衛生です。様々な雑菌やダニ等を撒き散らします。
これらはアトピー性皮膚炎や様々なアレルギー症状を引き起こす原因となります。ハクビシンが出入りしていると気が付いたら侵入経路を探し、出入り口を塞ぎます。
忌避剤も効果があるので天井裏等で使用すると効果が期待できます。通り道が確認できたら捕獲器を複数設置して様子を見ます。
これらの作業は費用も時間もかかり、素人には大変です。害獣駆除業者へ依頼する事も考慮した方が効率的な場合もあります。

◇駆除業者選びは慎重に
害獣駆除業者に依頼すれば、現地調査からはじまり、ハクビシン駆除の為の計画を立てた上で見積もり書を提示してくれます。
素人が見つけられない侵入経路も経験から簡単に見つける事が可能です。糞の清掃や消臭殺菌、建物の補修作業まで全て任せられます。
害獣駆除業者選びのポイントとして保証の期間があります。最低でも数年間のアフターサービスが受けられる業者を選択した方が無難です。
これらを確認の上で契約書にサインをする事が肝心です。

◇害獣駆除について
害獣駆除と聞くと、ネズミやイタチということを想像します。実際にこれらの動物が家の中に進入してきて、そこに巣を作ると言うことはたくさんあります。
しかし最近増えているのがハクビシンの被害です。ハクビシンもイタチなどと同じように家の中に進入してきます。
これらの動物が家の中にいると、フンなどの被害だけではなく、家が劣化すると言うことにもつながります。
したがってこのようなときには害獣駆除の専門の業者に依頼をするようにします。